美術系女子の話

美術系女子の苦悩系ブログ/日記と怒り、セックスと家族

不良になりたかったわたし。

安冨歩さんのこの記事を読んだ。

gooday.nikkei.co.jp

 

関係ないかもしれないけど、読んだあと本当は私だってもっとずっと不良でいたかったと思った。

 

優等生であらなければということに対する罪悪感、社会的な地位を得なければいけないという強迫観念、私はそういう社会のくだらない産物的感情にヒタヒタと浸りながら、いいえ私は不良ですと、説得力なく自分に言い聞かせている生き物だった。

現代っ子だなあ。

 

高校時代は右手は箸、左手はツイッターを過ごした昼休み。

ニコ生主とセックスした某有名アルファツイッタラーともセックスした。(あいつのチンコは下向きに曲がってるぜ)

 

私は優等生的だった。かわいく無かったしいけて無かったからそうすることで生きていられたというのもあった。

学校のくだらなすぎる宿題が嫌すぎてズルをして一瞬で終わらせたら両親がこの世の終わりかのような顔で私を見た。両親が私に対する失望と軽蔑を誇示してきたのは私が1桁の割り算を習っている時だった。

 

私は間違っていない。くだらない宿題をやるぐらいなら寝っ転がって漫画を読んでいたかった。私は間違っていないはずだった、でも両親の顔は私を、未来の犯罪者でも見るかのような目つきだったし、両親の暗く、うつむいて私のズルされた宿題を見ていたときのあの空気は、小学校低学年の私ですらもう、今すぐろうごくにぶち込まれるような、泣きじゃくりながら土下座しなければいけないような空気だった。でも私はそんなはずないと思って、ただ立ち尽くしていた。

 

私は家では不良と見なされていた。学校では優等生だった。私は自分を正しいと思っていたけど、でも私より例えテストの点が悪くても、毎日しっかり学校に通いみんなにやさしく、忘れものしない、一生懸命なあの子たちの方が勝っていると見られていたのはわかってた。

 

私は学校という社会での優等生(成績が良い)の私と、家族の中の不良(言うことを聞かない怠け者)という劣等生としての私の中で、身体中にアザができそうなぐらい揺さぶられていた。

私は中学校に上がる頃には優等生として扱われるあの気色悪い感じがいやだった。優等生としてきゃぴきゃぴした女の子たちを引き立てる道具として使われるのも、先生にさん付けで呼ばれるのも、だから学校にも行かなくなった授業中はずっと寝てた。私は不良のふりをして、でも勉強だけはしていた。勉強をすることは別に優良であることの絶対条件ではないけど、でも勉強をやめたら社会的にダメということは何故か怖いぐらいわかってた。とにかく、苦しい。勉強なんて全然好きじゃなかった。何が好きなのかというと成績が良くなった時に塾の先生に褒められることそれだけ、同じクラスの他のやつより成績がいいと思える優越感だけをエサに私は勉強をしてた。

 

今なら私は最初からなにひとつ優等生じゃなかったって思える。

 

ほんの少し前までの私は、社会的に生きることと、反社会的に生きること、その両極端を自分の中で両立しようとしていた。私は優等生でありたくなかった。成績だけを納めながら、でも不良してた。私を指差して不良だと涙を流す親が理解でき無かったし呆れてた。勉強が出来ることだけを褒めて、ズルをすると失望される。いつのまにか私は不良になった。みんなから不良だと思われたかった、でも失望されるのは怖い。私は人目を避けてしらないおじさんとセックスして、私はなんて不良なのって思いながら、泣きながら学校に通った。

 

社会に示せるものがなくなるのが怖かったから。頭がいいと大人になった時なんでも出来る、いい会社に入った方が後々良い。

それは多分事実かもしれない。でも学校で優秀であることと、本当に魅力的な人間であることは全く違う。私は私のために非行を続けた。そうすると何かが変わる気がしていたから。

優秀な成績を手放しきれない。社会に示せるものを捨てきれない私が情けなかった。

 

不良でも優等生でもない自分が嫌だったけど、私は本当はずっと不良だった。ただ親や、学校に通う中で、私はだんだん不良であることがいけないことだと抑圧されてった。教室の中で歌を歌ったり踊ったりする人は馬鹿で将来が無くて、きちんといい子に座っていると将来いいことがあるって