美術系女子の話

美術系女子の苦悩系ブログ/日記と怒り、セックスと家族

恋愛に絶望しているというとことに気づくまでの2000字

自分自身が今男性との恋愛について絶望していると気づくまでの2000字です

 

 

彼氏が欲しい

 

彼氏が欲しい彼氏がほしい

 

彼氏が欲しい彼氏が欲しい彼氏が欲しい

 

 

彼氏が欲しいんですけど。

でも出会い系で真剣交際もとめてるような同年代は嫌だし、出会い系で出会える30代と付き合うのはアリだけど未来ないし、でも21だし未来無い恋愛じょーとーじゃん2年だけ付き合うのでも全然ありじゃん、でもでもそんなスタンスなら別にセフレでいいじゃん、でも付き合いたい、付き合いたい、付き合ってみたい!

 

なぜ私がこんなに今付き合いたいかというとみんなが当たり前のように恋愛をしているからです。地元のあの子も同じクラスのあの子もあの子もあの子も、セフレさえも、何故だろう。私だってちょっとぐらい男の子と水族館に行ってみたい気持ちが無い訳じゃない(水族館別に好きじゃないけど)、でもなんだか彼氏が出来たところでどうかしてる自分が想像出来ないのが一番の悩みだったりするのかもとかなんだかんだうじうじ考えている今日この頃です。その気持ちを書いてみたらなんかすっきりするかもと思いました。もちろん彼氏は出来ないけどさ。

 

 

彼氏の浮気に気がついた時にブワッと目頭が熱くなる感覚と、2年間つれそってきたセフレお兄さんに彼女を作ったと言われた時にブワッと目頭が熱くなった私の感覚は、一緒なんじゃないかなとか、女の子が恋人に大好き!って思う感情と、私がセフレに大好きって思う感情に、明確な違いはあるのかなとか、別にへりくつでもなんでもなくそういうことを考えてはやめ、考えてはやめということを繰り返しています。だってなにもわからないんだもの。

 

高校生の時から私の奇行を見守ってくれているS子に、最近やっと彼氏が欲しいという感情が芽生えたと言ったら「よかったじゃん」ってそれだけ言われました。でもやっぱり私の彼氏欲しいは、言い換えると普通の女の子みたいなことがしたい願望「私だって、普通のおんなのこになりたーーい!」なのかもしれないと思うんです。つまりは、自分がセフレ系女子であるというアイデンティによりかかった上での表層的な欲望なわけです。もしかしたらクソどうでもいい感情なのかもしれないんです。そもそも付き合いたいなんてクソどうでもいい感情なんですけど。

 

セフレだと何が不満かと言われると、特に何も不満はありません。でも無いのかと言われれば別に無い訳じゃありません。でも私が持ってる不満感は恋人がいる女の子でも持つレベルの不満感な気もします(そう思うことで自分を肯定してるだけだけど)

セフレでも絆は感じられるし。ただやっぱり、相手が絶対に自分としかセックスをしないという当たり前のルールや、恋人として優先的に?頻繁にデートできる感覚とかを味わってみたいんですね。全然マメじゃないあの男が彼女には本当に頻繁に連絡をしているのか、気になって仕方が無いんです。彼女になったら、毎日ライン送ってくれるの?

 

私はあんまり美術館や買い物やらに恋人と行きたいなーという気持ちは無い。恋人とデートというのをしたことが無いからその幸せさが想像出来ないんですね。うらやましさだけ。

でももし彼氏が出来たら「旅行に行きたい」っていう唯一の具体的な願望があります。例えば温泉旅行!温泉に入って畳でエッチして温泉でエッチして畳で寝てお散歩して美味しいもの食べて寝る。

あとは南国旅行。私は山田詠美の南国安楽椅子という本がとても好きで、あれに憧れを抱いているので是非南国の開放的なホテルで汗だくになりながらエッチをしたいなという野望があります。

 

ん〜〜ここまで書いてみて気がついたんですけど、私って本当にセックスばっかりだなあ。

            

つまりは、結局私が男に求めるものがセックスしか無いんですね(本当に書いていて思いました)。というのも私は男の人とセックスしかしたこと無いから当たり前なのかもしれない。私のことをかわいそうとか思う女が居たらぶっ殺しにいくので黙っていてください。父と母の間にいわゆる愛や幸福らしきものを垣間みたことが無いのも原因かもしれないし、いろんな事が原因で今の私ができてしまってるんだけど。

 

ここまでぐだぐだ思いのままにしょうもない愚痴を書いているうちに、どうにも私は男性、男性との恋愛関係に対して絶望的なぐらい何も期待していない、というのがわかりました。だから結婚というわかりやすいもの(家庭をもつこと、経済的支え)や、セックス(物理的快楽)という目に見える利益しか想像出来ていないんです。あるいはその他想像を自分でシャットダウンしている気もします、だってスキナオトコノコトデートシタラキットシアワセです。頭ではいくらでもわかってると思うんですがその想像がどうにもうまく出来ません。なぜ私はこんなに男性に対して絶望的なんだろう。

まさに絶望。男性に対する望みが、なにひとつ無い、頭のどこかでブツンと切断されているような感覚だ。こまったなあ

 

 

  twitterやってます→@bijutsukei