美術系女子の話

美術系女子の苦悩系ブログ/日記と怒り、セックスと家族

セフレのバランス

f:id:bijutsukeijoshi:20160113213813j:plain

なんやわんやと大騒ぎしたけど(前の記事参照)結局解決しました。

すごい私的なブログを書くのも楽しいなあ。本当にサンドバッグのごとくブログに文字をぶつけてすっきりした。ちなみに相手にも弾幕をぶつけました。ほんと地雷女だなあという自覚はある。

 

恋人でもセフレでもなんでも、他人と関係を持つときに意思の疎通をどのぐらいするべきかってすごく悩む。

私は人間関係において、特に男性との関係においてはすごくビクビクしてしまう傾向がある。すぐに、今傷つけられてるんじゃないかと伺ってしまうし、自分にとって害のある男性はなんとしてでも自分から遠ざけようと躍起になる。

ヒステリーを起こして相手の人格を根っこっから否定したくなるし残念ながら人格を否定する言葉を次々と書き出せてしまう。

 

恋人と大ゲンカしたの。

みたいな経験がないから恋人同士のことはよくわからないけど、どれだけ自分の感情を相手にぶつけてもいいのか、私にとってはすごく難しい。というのも、私は感情の起伏が激しいし、その分傷ついたり怒った時の感情の大きさが膨大になる。フジテレビのあの球体展望台ぐらいの大きさと重量の感情を、相手の小さな胸にそのままバーンと投げつけてしまってはいけないと、それでは相手がどっかに吹っ飛ばされてしまうし、私の投げた感情を浴びせかけられた相手の表情すら見えないということがわかり、最近はやっと自分を抑えられるようになってきた。

JKの時はそれこそ、膨大な文字数のメッセージを止まない弾幕のように浴びせかけるようなことをよくしていた。相手も自分もヘトヘトになってもそれでも私は頭の中の言葉が空っぽになるまで相手を逃さなかった。  とにかく私の言葉を聞け!!!の一点張り状態。

 

本当は今でもそうなりそう、でもそうならないように気をつける。家族とは違って赤の他人との縁は簡単にプツリと切れる。だからすべての感情のぶつけ合いは出来ない。お互いを消耗するだけだから。

 

私達のように出会い系からセフレ目的で出会った関係ってバランスの取り方が難しい。1年も2年もそれからも関係を継続できるような関係って、友達でもなかなか難しいけど、それを肉体関係メインの相手と目指すとなるとすごく体力のいる場面が出てくる。

お互いの距離感の取り方とか、相手を自分の何だと思うのかという認識。いろんな要素のバランスが上手い具合にかさなって、心地よさと安定感が生まれてくるまで、粘らないといけない。それはもしかして私のコミュニケーションが下手くそだったりヒステリックだからかもしれないけど。

セックスしてると、相手に愛着が湧く(女の子だけ?)、嫉妬もする、恋人と変わらない気持ちを抱きながら、ベットの上でせいいっぱいの愛おしさをお互いに注ぎ合いながら、でもお互いの距離感を保たないといけない。それはそうとう頭の筋肉を使うことだ。恋愛みたいに、好き!大好きドーン!というわけにはいかない。好き、大好きという感情とつねにあくまで恋人ではないという脳からの指令を天秤にかけてバランスをとらないといけない。感情と理性の冷戦状態。時々私は発狂しそうになりながらも、さすがに2年関係を続けるともう大丈夫になってくる。本当に恋人ってなんなんだろうねとこういうことを続けていると思うよ。

 

セックスを、心身を消耗させる行為にするのか、相手の心地よさをダイレクトに感じ合う行為にするのかはお互いの関係のあり方によって決まる。

私はもう体を消耗させるセックスはしたくない。ポイとお互いにいつでも相手を投げ出せる関係をこれ以上積み重ねていくつもりはないし、そのための努力をしたい。今はまさに努力の真っ最中だ。

 

 

twitterやってます→@bijutsukei