美術系女子の話

美術系女子の苦悩系ブログ/日記と怒り、セックスと家族

オーラルセックスのススメ

f:id:bijutsukeijoshi:20160109163204j:plain

私は恋人同士のしがらみのほとんどはセックスで解決すると、わりと本気で思っている

そして同時に恋人同士のしがらみの原因はまたセックスであるとも思う。

 

恋人をもつ友達に、恋人との話を聞くのが本当におもしろい。私はそういう経験がほぼ無いので。知らないことばかり。

楽しく聞いてると時々お悩み相談が始まるけど、そのお悩みに対しての私のほとんどの回答は「セックスをしなさい」

 

こいつまじでセックスしか脳がないって思われてるかもしれないしそれもたしかに図星なんだけど、でもいつもいたって真面目で真摯な気持ちで「セックスしなさい」と言っている。

 

だって恋人と友達の境目って性にしか無い。恋って性欲だもの。そして恋人という関係の中で、それを満たし合うことも一つの大きな要素だもの。セックスの大事さが分からない時は、人に見せない大事なところを見せ合って触り合って滑稽な格好で混じり合うっていう行為がどれぐらいのことか考えてみると良い。

 

恋人が持つ「2人ワールド」感って大事。目に見え無い2人ワールドがあるっていう実感を強めるのってまさにセックス。

友達とセックスをしないのは良かれ悪かれ必ずその行為によって特異な感情が生まれてしまうのを知ってるから。恋人って精神的に繋がってるとか本気で言う人もいるけど、結局友達から恋人に変わるときに生まれる精神的な変化ってセックスから生まれる感覚だ。恋人が恋人であるには、お互いを何かしらの形で満たし合う必要がきっとあって、それがセックスだったり他の何かだったりする。

 

私は最近オーラルセックスの素晴らしさに気がついたので、セックスしたいけどいろんな事情でセックスしにくい女の子たちにオーラルセックスをすすめたいなと思った。

オーラルセックスってなんか響きがすごい気持ち悪いんだけど、ようはいちゃいちゃすることだ。ゴロンと服を着たままお互いをまくらにするところから始まって、ただ背中を撫で合いながらキスをしたり、唇でもなく性器でもないところに舌を這わせたり、そういうことでよくて。別に性器を合体させることだけがセックスじゃない。

お風呂でおしゃべりしながらくっついたりお互いにイタズラしあったりしてればそれだけでもう2人ワールドが出来上がってくる。

どんな趣味を共有しあって長話をするよりも、お互いの肉体にダイレクトに愛情を注ぎ合うことって何より効果があるし伝わる。あなたの匂いが大好きとか、もっと触りたい触ってほしいくっつきたいって求め合うのが、何よりも2人ワールドを育む。あんたにゾッコンよって伝えるのって難しいことじゃない、相手の体にゾッコンになればいいことだから。

好きって言って身体中に噛み付けばいいのよって思う。

 

そういうことを考えていると、セフレってほとんど2人ワールドしかない超閉鎖された関係だなーって思う。でも人前でやらないことを2人でする特別感って格別で、すごく楽しい。いろんな欲が満たされる。性欲とか独占欲とか支配欲。それの一番わかりやすくてここちよい形がただセックスなだけって思えば、別になにも、恋愛においてセックスを重視するのは不自然なことじゃないってわかる。セックスは肉体関係を育むものじゃなくてもっとすごく精神的なものだって私は最近すごく実感する。

 

だからセフレと恋人の明確な違いは、セックスで満たされてるとほとんど無い。友達に恋人として紹介してるかどうかとか、本当にそういう公的な中での差しかなくて、それって確かに大きいけど、でも2人ぼっちの世界の中だけを見れば恋人との差なんてなにもありゃしない。私はそれで十分だと思ってしまうことが最近増えている。(もちろん公的な彼氏もほしい)

 

男の子に攻めてもらってセックスして貰えば射精っていうわかりやすい区切りがあるから終わりやすいし楽だけど、おわりなくただいちゃいちゃするのってすごい楽しいから、オススメしたい。別にセックスのはじまりはキスで終わりは射精じゃないといけないなんて決まって無い。それに相当相性が良かったりしないと、オーラルセックスこそ一番難しい行為だ。穴に棒を入れたり抜いたりするなんて誰にでもできるけど、本気でイチャイチャするって相当なラブラブ感が問われるからね。

それが本当に楽しめるようになったら関係がグッと変わるのが身体中で感じられるよ。

 

twitterやってます→@bijutsukei